ネットショップ・ウェブで稼ぐためのガイド

【会員制動画サイトの作り方】は?個人でも簡単に作れる!初心者からの簡単な作成方法

会員制サイトの作成&運営について気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

個人で余暇や趣味を充実させる手段としても、ビジネスにおけるプロモーションや情報共有、販売コンテンツの方法などとしても重宝する動画コンテンツ。

YouTubeをはじめとする動画共有サイトも種類や機能が充実してきて、アイデア次第でさらに活用の幅は広がっていきそうです。

そこで、会員制サイトとして、ID/パスワードを持ったユーザーのみに閲覧を許すところで動画を共有することを検討していませんか?

そこで、会員制の動画共有サイトを構築する方法をご紹介いたします。

今、流行のサブスクリプションビジネスや、プラットフォーム型のビジネスを展開したい人におすすめです!

\初期費用は無料、月額料金も最大2ヶ月無料!まずはドメインを取得してみる!/

お名前comレンタルサーバーはこちら

会員制サイトとは?動画サイトを作成することの強みは?

「会員制サイト」とは、簡単に言うと会員になった人だけが記事やページを見ることができるページ・サイト・ホームページのことです。

基本的には、無料もしくは有料で会員登録をしてもらって、ユーザー名やパスワードを使って会員サイト内に入るというシステムです。

  • 有料登録をすると動画教材を見ることができるサイト
  • 無料/有料でメールアドレスなどを登録する(月額料金等を支払う)ことで、コンテンツ(記事・画像・動画など)を見られるサイト

このようなものがあります。

そもそも、動画共有サイトのような、ユーザーがアップロードした動画を閲覧できるようなWebサイトは、2004年以降、世界各国で次々に登場しました。

YouTubeのように無料でアップロードできてユーザー登録なしで誰でも無料で閲覧できるタイプや、ニコニコ動画のように無料でアップロード・閲覧できるもののが有名ですが、会員や特定のID/パスワードを持ったユーザーに限定で共有することが想定されたクローズドの動画共有サイトは、メリットがたくさんあります。

会員制動画サイトを作る強みとメリット

それでは、冒頭でも説明しましたが、フリーランスの中でも会員動画サイトは非常に強みになります。

そのメリットをご紹介したいと思います。

1. 会員限定の特別感

動画共有サイトなら、セミナーや講座に申し込み・受講してくれた会員様限定の特典として動画を売り出すことができます。

一般公開していない有益な情報を、申し込み/受講特典として限定公開すれば、会員になった方に得した気分になってもらえるでしょう。

2. 会員との交流の場を作ることができる

講座やセミナーの講師と会員様との交流の場としても会員サイトを使うことができます。

例えば、通常のホームページやブログでは発信せずに会員限定で参加者を募集して特別イベントを開催したり、会員限定で交流会をするなど、オンラインサロンのような場を作ることができます。

動画共有サイトの作り方

ここからは、実際に動画共有サイトを作る方法をご紹介します。

動画共有サイト作成にはいくつか方法がありますが、中でも簡単な方法についてご紹介したいと思います。

Webサイトの構築手段を検討する

動画共有サイトの構築手段として、HTMLで構築する方法、CMS(HTMLの知識がなくても更新などの運用ができるシステム)で構築する方法、動画共有サービス(ASPサービスや動画共有プラットフォームなど)を利用して構築する方法など、いくつかの方法があります。

主な方法はこちらの二つです。

  1. WordPressで会員制動画サイトを作る方法
  2. 動画共有サービスで会員制動画サイトを作る方法

どの方法を選ぶかによって、この後、サーバーを選定する段階でどのような基準で選定するか、また、ログイン機能や動画プレイヤーの実装方法なども変わってきます。

初心者の方は、まずは簡単にできる方法で試しに作成してみることをおすすめします。

1.Wordpress(ワードプレス)で会員制動画サイトを作る

会員制サイトを個人でも作る方法として、1番簡単なやり方でいえば、Wordpress(ワードプレス)を使うことです。

ブログを立ち上げるのと同様に会員制動画サイトも作成することができます。

順序を追って説明したいと思います。

サーバーを借りる

ドメインをまずは取得することが必要となります。

ドメインを取得できたら、サーバーを用意します。多くの企業ではレンタルサーバーを借りることになると思います。

レンタルサーバーはベンダーもプランもたくさんあるので、予算や必要な容量、機能にマッチしたものを選んで契約しましょう。

サーバーは有料のサーバーで、十分なスペックがあります。

ただし、一度にアクセスが集中すると落ちることと、サイズの大きなファイルはサーバーに置けなかったり、転送量帯域が制限されてしまうことがあります。

動画を共有するためのホームページなので、動画が見られないようでは困りますので注意をしてください。

代表的なレンタルサーバーのひとつに「さくらレンタルサーバー」があります。

当サイトの筆者も、さくらのレンタルサーバを使っています。トラブルもなく、コスパもいいので、初心者におすすめなサーバーです。

サイトやブログ運営者の多くが使っており、45万件の申し込みを突破したようです。

さくらのレンタルサーバは、特に初めてレンタルサーバーを借りる個人向けのサービスです。

とにかく安さで勝負しているサービスなので、価格の安さが一番のサービスのポイントです。

これだけ安いのにも関わらず、高機能で高速、webサイトを作成・運用するのに十分な性能が備わっているので非常にコスパが良く、利用者からの評価も高いです。

そして、サポートの評判は非常に良いので安心してください。

\ 今なら2週間お試し無料!!ブログを簡単に起ち上げられる!/

さくらインターネットの公式サイトはこちら

WordPressでブログ全体をパスワード保護する

会員制サイトを作成する場合、WordPressでサイトを立ち上げたら、パスワードでブロックするという方法をとります。

Googleに登録されないように、まずはNoIndex化してWordpressブログ全体をパスワードでブロックするやり方です。

その後、WordPressのプラグイン:Password Protectedというプラグインを使います。

この際、必要なのは「Password Protected」というプラグインのみ。設定方法も非常に簡単です。

そして会員になった方だけに、パスワードを提供します。

ページの構築・投稿する記事をパスワード保護など

毎月、新規コンテンツを提供する会員制サイトを作る場合は、新しいコンテンツを追加した記事を投稿。

その際に、その記事自体をパスワード保護します。

このやり方は、動画共有とといっても、毎月コンテンツを提供する場合、最も簡単に出来る有料会員サイトの作り方です。

パスワードを知らない方は見れないし、知っている方は見れる、ちょっとした会員制サイトを超簡単に作ることが出来ます。

  • Wp-Members
  • Membership

その他にもこれらのプラグインを使えば、本格的な会員制サイトを作り上げることが出来ます。

その他にも、WordPressで、トップページ、動画閲覧画面、アップロード画面、管理画面などを構築します。

ユーザー名とパスワードを個々に送信する

そして、今回は、会員制サイトで、限定公開ということですから、パスワードは個々に配布することが出来ます。

ユーザー名とパスワードは、個々に発行すると認証がやや複雑ですので、事前に送信するようにしましょう。

ここでは、共通のものを使用することにします。

ユーザー名とパスワードがもれないように気を杖てくださいね。

2.Vimeoとステップメールで会員サイトを作成する

次に、もう一つの会員制サイトの作り方も解説します。

この方法は、会員性サイトというよりかは、会員しか見れないコンテンツ(動画のみ)をパスワードブロックを行い、ステップメールというシステムで、毎日コンテンツを自動的に配信する方法です。

Vimeoで動画をパスワード保護する

この時に利用するのが【Vimeo】という動画サイトです

Vimeo(ビメオ)がおすすめの理由ですが、動画共有サイトといえば「YouTube」のイメージが強いかもしれません。

ですが、YouTubeの利用規約ではオンライン授業など有料会員限定での動画公開をすることが禁止されています。

このため、有料会員限定など、動画共有サイトを作り、稼ぎたいという場合や、会員様から1円でもお金をとって公開する動画をアップロードする場合は、YouTubeの代わりに「Vimeo(ビメオ)」を使うことをおすすめします。

無料プランもありますが、動画販売やセキュリティ対策を考えるなら月額2,000円のPROプランがおすすめ!

動画共有サイトVimeo(有料)

 

特徴

 

  • 会員限定動画のアップロード先として有能
  • 動画ごとにパスワード保護ができる
  • オンデマンドで動画販売や月額課金ができる

 

注意点
セキュリティを強化するには月額2,000円の有料プランの利用が必要
動画コンテンツのみの会員サイトに適している

vimeoは動画共有サイトなのですが、ステップメールでコンテンツ提供を行うことで、会員にだけ動画コンテンツを提供することが可能です。

このステップメールを使うと、自動化が出来るのもおすすめのポイントです。

ステップメールのシステムはいろいろありますが、【ブラストメール(旧ブレインメール)】などの個人で利用できるメール配信システムがおすすめです。

そして、決済サービスには、infotop(インフォトップ)などを利用することがおすすめです。

こちらは、有料教材やツールを販売する方向けの専門ネット決済サービスなので、会員制サイトを運営したい方向けの機能が豊富に備わっています。

インフォトップの月額課金サービスは、初回請求額と2回目以降の請求額を変えることが出来たり無料期間を設けることも出来ます。

さらに、有料会員制サイトのメンバーへと課金システムを手軽に作ることが出来ます。

動画共有サイトを作る際の注意点

動画共有サイトを作成する際には、以下の点に注意をしてみてください。

1. セキュリティをチェック

動画共有サイトには、会員のログイン情報や動画へのアクセス状況など、漏えいさせたくない情報が蓄積されます。

導入するサービス選定時も含め、作成の際には、セキュリティ対策などを万全にしてください。

たとえば、WordPressなら、サイト自体を常時SSL化しておけます。

したがって、ブラウザでアクセスしたときに鍵マークがでて、安全そうなアピールが出来ます。

2. マルチデバイスからの動画閲覧を確認する

マルチデバイス対応は今やWebサイト構築の常識ですよね。

スマホ、タブレット、PCから動画閲覧ができるかどうかも大切なことです。

そして、それぞれからの実際に閲覧して確認しましょう。

3. 動画共有サイトの利用規約を作成・掲載する

既存の動画共有サイトに動画を投稿するのとは異なり、独自に動画共有サイトを構築・運用するに当たって利用規約を作成する必要があります。

特に、ユーザーの権利に関する規定や免責事項、禁止事項については重要です。

3.動画再生の解析を行う

動画コンテンツごとに再生回数、視聴人数、再生達成率をチェック・分析したり、ユーザーごとの再生動画をチェックするといった解析を行い、改善につなげましょう。

WordPressなら、グーグルアナリティクスなどを使用して、解析を行うことが出来ます。

4.トラブルシューティングを準備しておく

運用するなかで万が一、システムトラブルが起きたり、セキュリティインシデントが起きてしまった場合などに備え、その後の対応フローを準備しておきましょう。

また、動画共有サイトを構築する段階で、万が一のトラブル時に対応してもらえるようなサポートのついたサービスを選んでおくと安心ですね。

まとめ

以上、今回は会員制サイトについてご紹介しました。

動画共有サイトの構築方法は大きく分けて、①HTMLで構築する方法、②CMS(HTMLの知識がなくても更新などの運用ができるシステム)で構築する方法、③動画共有サービス(ASPサービスや動画共有プラットフォームなど)を利用して構築する方法の3つがあります。

今回は、WordPressで会員制サイトを作る方法、vimeoを使う方法をご紹介しました。

これらの方法でしたら、動画販売サイトを構築することも比較的、簡単に行えます。

ぜひ、会員サイト構築の参考にしてみてください!