ネットショップ・ウェブで稼ぐためのガイド

掲示板の書き込みは著作権で保護される?掲示板運営で知っておきたい著作権のこと

掲示板への書き込み内容は著作権法で保護されるのかってことは気になりますよね。

これから掲示板の運営をスタートしたいと考えている人も、電子掲示板に書き込みを良くする人も知っておきたいことだと思います。

掲示板の管理人やEC運営者がインターネット上の掲示板やレビュー等の書き込みを2次利用できるか!?ってことも知っておきたいですよね。

そこで、掲示板の著作権について当サイトで調査しましたので、是非参考にしてみてください。

\掲示板を簡単に起ち上げられる!/

さくらインターネットの公式サイトはこちら

掲示板の書き込みは著作物なの?

インターネット上の掲示板やレビュー板への書き込みは著作物か!?ってことは気になるところですよね。

そして、書き込みについては、著作権法上保護を受けるかってことは気になるところです。

まず、掲示板やレビューへの書き込みが、著作権法上の「著作物」といえるか否かという点があります。

これは、掲示板上等への書き込みも作者(書き込み者)の個性があらわれている(創作性がある。)と評価できるとされていますので、「著作物」として著作権法上保護されます。

著作権法の第二条を読むと、著作物とは「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。」

また、掲示板やレビューは、ハンドルネームや匿名で行われる場合が多いが、匿名であるとか、ハンドルネームであったとしても、「創作性」がある以上、「著作物」となりますので注意して下さい。

これはちょっと意外かもしれませんが、したがって、著作者(レビュー等を書いた人)の許諾が得ずに著作物を利用することは、著作権侵害として違法となります。

掲示板運営者やEC運営者が書き込みを使用するのは禁止なの?

それでは、掲示板運営者やEC運営者については、書き込みを二次使用した場合には、著作権侵害とならない場合がないのでしょうか。

実はこちらは黙示の許諾が認められることがあるのです。

黙示の許諾が認められる場合

インターネット上の掲示板やレビューというのは、公衆がアクセス可能な場所に書き込みをしているという性質があります。

したがって、その掲示板やレビュー版上でその書き込みを公衆送信(管理者が特集レビューを組む等)等については、書き込みをした人も予測している利用といえ、黙示の許諾があると評価できるため、著作権侵害にはならないといえるでしょう。

黙示の許諾がない場合

ただし、著作物である書き込みを新聞、雑誌、出版物等に掲載したり、CD・DVD等に複製し販売・頒布や、映画を制作する行為等までについては、書き込み者が予想している利用とはいえません。

このため、”黙示の許諾”は認められず著作権を侵害する行為となるでしょう。

この場合には、掲示板管理者やEC運営者は、明確に許諾を得る必要があるのでしょう。

もしも販売や、その後書き込みを商品化する場合には、そのような利用について許諾を得ておけば良いのです。

出版や二次使用の許可を得る場合

これは規約などの作り方を工夫する必要があります。

また、出版等の場合には、レビューを改変する場合もあるので、改変についても許諾を得ておきましょう。

「本掲示板の管理者等は本掲示板に記載された書き込みを、校正上、必要な改変(投稿者名の表示・非表示を含む)を施した上で、予告なく出版することがあります。本掲示版に記載された書き込みに関する著作権及び著作者人格権に関し、出版に係る利用につき、本掲示版の管理者等に許諾するものとします。」

このように規約に掲載しておくと良いでしょう。

書き込みをした人の名誉や信用を害するような利用は、許諾の範囲を超えると思われますから、注意が必要です。

方法としては以下の方法があります。

ⅰ 規約を明示して、チェックボックスや「同意して書き込む」というバナーをクリックさせる。
ⅱ 書き込み欄の上等わかりやすい場所に規約を置いておいて、書き込みさせる。

掲示板の書き込みの注意点

掲示板への書き込み内容は筆者の個性が発揮され「思想又は感情を創作的に表現したもの」に当てはまるなら著作物として認められます。

ですが、文章が比較的短く表現方法に創意工夫をする余地のないもの、ただ単に事実を紹介したもの、ありふれたもの等は、筆者の個性が発揮されていませんので著作物として認められないことがわかります。

たとえば、掲示板の内容にもよりますが、文章の質と量がしっかりと確保され筆者の個性が発揮されて書かれたパソコンレビュー内容だったり、同様に書かれたパソコンメーカーのサポート利用体験談等であれば、著作物として認められる可能性が高いので注意をしてください。

まとめ

今回は、掲示板への書き込みやレビューを掲示板管理者やEC運営者が出版物等に利用できるのか、著作権について詳しくご紹介しました。

もしも掲示板運営を検討しているのであれば、是非参考にしてみてくださいね。

掲示板を運営したい!最低限知っておきたい知識と運営のコツは?

 レンタルサーバー業者から掲示板をインストールして運営しよう!


掲示板を作成する方法で、一番良い方法は、「使用しているレンタルサーバ業者が提供している掲示板を使用すること」です。

 

たとえば、「さくらレンタルサーバー」であれば、掲示板のサービスを提供しています。

具体的には、 さくらレンタルサーバーにログインしてみると、「クイックインストール」の中に、「掲示板(BBS)」という項目があります。

その他にも、クイックインストール機能では、様々なアプリケーションを簡単に使うことができます。

アプリケーションのカテゴリは、ブログ、CMS、日記、カウンター、メールフォーム、掲示板(BBS)となっています。

さくらのレンタルサーバ」であれば、4種類くらいの掲示板を提供しているので、その中から選んで、簡単に掲示板を設置することができますよ。

別で掲示板を借りる必要がないのでコスト的にもとてもおすすめです。

副業として、掲示板を起ち上げてみませんか?詳細は、リンク先の公式サイトでご確認ください。

掲示板サイトの作り方!投稿型・会員制の掲示板を簡単に作る方法とは?

\掲示板を簡単に起ち上げられる!/

さくらインターネットの公式サイトはこちら