ネットショップ・ウェブで稼ぐためのガイド

コミュニティサイトを作る方法は?コミュニティサイトの作成と立ち上げのコツ

コミュニティサイトを起ち上げて、稼ぎたいと考えていませんか?

コミュニティサイトは、人が集まるコミュニティをウェブ上で起ち上げ、そして人を集めることによって、収益を得ることを狙っていく方法になります。

会社や個人が商品やサービスを提供するにあたって、そのツールの一つとして、「コミュニティサイト」の存在は無視できません。

プラットフォーム型のBusinessとして、コミュニティサイトは注目されているからです。

そこで、コミュニティサイトとは何か、構築・運営する方法やその魅力などについて解説します。

\初期費用は無料、月額料金も最大2ヶ月無料!まずはドメインを取得してみる!/

お名前comレンタルサーバーはこちら

コミュニティサイトとは?

「コミュニティサイト」とは、ユーザー間で情報交換や交流を行う場所として提供されるWebサイトのことです。

特定の興味関心を持っている人や属性が共通する人が集まってコミュニケーションを行うために開設されるWebサイトの総称であり、参加資格が設定されていないオープンなサイトだけでなく、特定の条件を満たしたユーザーのみ利用可能なクローズドなサイトも存在していて、その目的はさまざまです。

コミュニティサイトでは、その利用者はさまざまなアクションを起こします。

たとえば、交流や情報交換を目的としたメッセージ交換を主体としたものから、ユーザーが制作した作品の発表や取引、ユーザー間のマッチングを行うサイトもあります。

コミュニティサイトの種類にはどんなものがある?

コミュニティサイトの種類に明確な定義はありませんが、有料・無料を問わず挙げるとして、一般的に以下のようなものがコミュニティサイトと呼ばれています。

SNS
ブログ
掲示板サイト(BBS:電子掲示板)
会員制の企業サイト
質問サイト
オンラインサロン
ファンサイト
動画投稿サイト、画像共有サイト
Webチャット
出会い系サイト
婚活サイト

SNSや掲示板などをイメージされる方も多いですが、最近では、動画投稿サイトや、チャットルーム、そして婚活サイトなどもこういったコミュニティサイトの一つです。

コミュニティサイトを作るメリットは?

もしあなたに、特定の有料(無料)会員さんだけに開示したい情報などがある場合にもコミュニティサイトは役立ちます。その他にもメリットはいくつかあります。

顧客リストが増える

無料であっても“会員限定”とすることで登録の必要が出てくるため、会員さんから登録のためのメールアドレスを入力してもらえます。

メールアドレス(顧客リスト)さえ手に入れば、今後メールマガジンを発行することができるため、顧客に何度も連絡をとることができますよね。

このため、顧客との関係性を築きやすいのが特徴です。

作成したコミュニティサイト内で、会員限定コンテンツなどを作成し、リピートしてもらえるほどに近しい存在だと認識してもらえるようになったり、会員さん同士がコミュニケーションを取れるようにしておけば、そこでの人間関係を会員さん自ら構築していってくれるので、どんどん広がっていくことになります。

最小の労力&コストで売上を伸ばせる

コミュニティサイトの起ち上げは、稼ぎたいという気持ちで作る方は多いと思います。

たとえば、コミュニティサイトで、会員さんとの関係性が築ければ、次の商品購入へのハードルはとても低くなり、新規顧客と比べると最小の労力とコストで商品を販売できます。

今後のビジネスのやりやすさを左右する他にも、人が多く集まれば、広告を掲載したりと、広告収入を得ることも出来ます。

検索しても解決しない悩みを解決できる

コミュニティサイトは、即レス型の「アンサー」です。

実際の例としては、「仕事にいきたくない」「自分もです」みたいなやりとり。

色んな悩みがあるけれど、検索してもあんまり出てこないこともありますが、色んな人の即レスのアンサーがもらえることになります。

それで、ユーザーさんが課題を解決するというか、解決まではいかなくても楽になることが起こっていたりします。

それは自分の勉強にもなるはずです。

コミュニティサイトを作るデメリットは?

コミュニティサイトを運営するにあたっては2つのデメリットがあることを理解しなければなりません。

構築にかかる工数、リソース

コミュニティサイトの運営にあたっては、まず「運営するコミュニティサイトを構築する」ことからスタートしますが、数々の工数を経て、そこに多くのリソースを投入しなければならないのです。

コミュニティサイトを健全に運営することができれば、投入したリソース以上の利益を回収できる可能性もありますが、あらゆるコミュニティサイトが成功を収めているわけではないため、十分な費用対効果を得られない可能性も考えておきましょう。

ユーザー管理、コメント監視の手間

コミュニティサイトは、ユーザー数が増加してコミュニティが大きくなるほどに交流が活発化し、正常に機能すれば企業側にも大きな利益を生み出します。

ところが、コミュニティサイトでユーザー間でトラブルを起こす、あるいは間違った情報が流通する状況が続けば、コミュニティサイトから得られるメリットは減少します。

そうしたトラブルを少しでも減らすためには、あらかじめコミュニティのルールを決めておくだけでなく、運営側で「ユーザー管理」と「コメント監視」を行い、コミュニティの崩壊を防ぐ必要があります。

ときには、人的リソースを中心とした、相応のリソースを投入しなければならないのです。

会員制サイトを構築する費用は?無料で作ることは可能?

会員制サイトを構築する費用は、無料から数百万円までと幅広いです。

自社システムをゼロから構築してとなれば、費用は跳ね上がりますし、WordPressにプラグインを入れて会員制サイトを自作するのであれば、無料で会員制サイトを作れます。

WordPressで設置する方法

WordPressに会員サイト機能をプラスするためのテンプレートやプラグインを追加する方法が、簡単かつ無料(または安価)で、多くの情報がインターネット上に存在しているのでおすすめです。

プログラミングの専門知識がなくても、ブラウザ上でサイトを作ることができます。

会員制サイト作成のためのプラグインには、以下のようなものがあります。

WP-Members Membership Plugin

簡単な会員サイトをすぐに作れる無料プラグインです。
会員だけが読めるコンテンツを用意するなど、軽めのニーズを叶えるのにぴったりです。

>> https://ja.wordpress.org/plugins/wp-members/

memberpress

世界的に人気がある有料の会員サイト作成プラグインです。
会員レベルを複数個設定できたり、支払い方法を設定できたりと、高機能で使いやすいです。

>> https://memberpress.com/

woocommerce

ECショップ作成の際によく使われるプラグインです。
併用して使えるプラグインも用意されていて拡張性があります。
また、サブスプリクション(定期購入)にも対応しているので、月額制会員サービスのサイトを作るのにもおすすめです。

>> https://woocommerce.com/products/woocommerce-memberships/

 レンタルサーバー業者の掲示板をインストールする


コミュニティサイトを作成する方法で、簡単に作りたい場合には、「使用しているレンタルサーバ業者が提供している掲示板を使用すること」です。

 

たとえば、「さくらレンタルサーバー」であれば、掲示板のサービスを提供しています。

具体的には、 さくらレンタルサーバーにログインしてみると、「クイックインストール」の中に、「掲示板(BBS)」という項目があります。

その他にも、クイックインストール機能があり、様々なアプリケーションを簡単に使うことができます。

アプリケーションのカテゴリは、ブログ、CMS、日記、カウンター、メールフォーム、掲示板(BBS)となっています。

各アプリケーションの詳細は、リンク先の公式サイトでご確認ください。

\掲示板を簡単に起ち上げられる!/

さくらインターネットの公式サイトはこちら

このように、「さくらのレンタルサーバ」であれば、4種類くらいの掲示板やCMSを提供しているので、その中から選んで、簡単に掲示板を設置することができますよ。

CMSとはコンテンツ・マネジメント・システムの略で、サイトを簡単に構築するためのシステムの総称です。コスト的にもとてもおすすめです。

\掲示板を簡単に起ち上げられる!/

さくらインターネットの公式サイトはこちら

会員サイトを提供する外部ASPサービスを利用する

顧客情報を管理するのが不安だったり、セキュリティ対策に自信がなかったりする場合は、ASPなどの外部の専門サービスにデータ管理を任せるようにしましょう。

ただし、有料システムはある程度お金が必要になります。

大規模かつECなどクレジットカード購入などが絡むような会員制サイトを作りたい人向けと言えます。

外部サービスには、以下のようなものが挙げられます。

スマートコア

一般的な会員サイトに必要な機能(会員データベース管理、メール配信、ログイン認証・アクセス制御、サイトコンテンツ管理、会員専用サイト、セキュリティ対策など)は用意されています。

独自ドメインを使わなければ、初期費用は無料から始められる上に、会員数によって利用額が決まるため、小規模な会員サイトであればコストを抑えられます。

> https://smartcore.jp/

SPIRAL

一般的な会員サイトに必要な機能はもちろんのこと、金融機関や官公庁でも採用されるほどの高いセキュリティが備わっているのが特徴です。

ただし、その分費用はやや高く設定されていますので、ある程度大規模かつ動く金額が大きいサービスを運営している企業向けになります。

>> https://www.pi-pe.co.jp/solution/member/

自社専用の会員制サイトをシステム会社に開発してもらう

自社専用の会員制サイトをシステム会社に開発してもらうこともできますが、確実に費用がかさみます。

数百万円が必要になる可能性もあるため、個人の場合は厳しいです。

自社サーバーのデータベースで顧客情報を管理したい場合や、顧客情報が膨大な場合、会員制サイトの作りを完全にカスタマイズしたい場合などで、資本力のある企業でなければ、検討する必要はないでしょう。

まとめ

コミュニティサイトを運営し、十分なメリットを享受するためには、自社サイトで独自構築する方法がおすすめです。

作成することで、たくさんのメリットがありますが、自分で作るほうが、自由度が高く、無料でも作成可能です。

会員制サイト制作は無料〜格安でスタートできます。

まずは安く始められるもので試しに作ってみて、会員数が増えたらランクアップしていくのもおすすめですので、スタートしてみてください。

今からとりあえずWordPressでコミュニティサイトを試しに起ち上げるなら

お名前.com レンタルサーバーなら、ドメインの購入から追加、DNS設定や更新まで、全てコントロールパネル内で実施可能です。

レンタルサーバーは月額900円から利用可能!初期費用は無料、月額料金も最大2ヶ月無料。

当サイトから、さらに独自ドメインと同時申込みで、ドメインの初年度登録料が実質0円となります。

お名前comレンタルサーバーはこちら