ネットショップ・ウェブで稼ぐためのガイド

Shopifyで使える!ドロップシッピングとは?連携できるサービスなども解説

自宅にいながら買い物を楽しめるネットショッピングは、コロナ禍の影響もあり、ますます人気が高まっています。EC市場が急成長しネットショップが増加している現在、多くの企業が利用しているECプラットフォームのひとつが「Shopify」です。

Shopify のサービスのなかでも「ドロップシッピング」は、注目されているサービスのひとつです。今回は、ドロップシッピングのメリットや連携できるサービスなどについて解説します。

Shopify(ショッピファイ)のネットショップ!公式サイトはこちら

ドロップシッピングとは?メリットやデメリットは?

ドロップシッピングとは在庫を持たずに、メーカーや工場などから直接商品を配送するEコマースの手段です。無在庫販売を行う方法の一種で、商品の発送や請求の管理を、ECショップの運営者ではなく、ドロップシッピングサービスを行っているメーカーが行います。

つまり、ドロップシッピングを利用すれば、ECショップ運営者は、商品の在庫を持たずにオリジナル商品の販売が可能です。Shopifyでは、ドロップシッピングを行っているサービスと連携できるため、簡単に無在庫で商品の販売を行えます。

メリット

まず、在庫を持たないため、仕入れた在庫が売れ残って赤字になってしまうリスクがありません。また、在庫を仕入れる必要がないため、低予算でビジネスを開始できます。在庫を保管しておくスペースも必要なく、在庫管理の手間がかからない点もメリットです。

さらに、メーカーや工場に商品の発送を行ってもらえるため、商品の梱包や発送作業などを行う手間がなく、発送する際のコストを考える必要もありません。そのため、利益の計算をしやすく、ショップの販売業務だけに集中してビジネスを運営できます。

デメリット

ドロップシッピングを行ううえで、販売価格の設定に失敗すると利幅が小さくなってしまう点はデメリットと言えるでしょう。ドロップシッピングで成功するためには、ショップのブランディングといった競合に打ち勝つための戦略が必要です。

Shopifyでのドロップシッピングの始め方

それでは、Shopify でドロップシッピングを始める手順を詳しくお伝えしていきます。

取り扱う商品のジャンルを決める

Tシャツなどのアパレルから、食器やクッションといったインテリアグッズまで、ドロップシッピングで販売できる商品はさまざまです。初めてネットショップを開設する場合は、取り扱うジャンルを絞った専門店にすると、ショップのキャラクターを打ち出しやすく、集客が容易になります。

ブランド名の決定

ショップ名は、いわばお店の看板です。印象に残るネーミングで、競合と差を付けましょう。競合他社と差別化できるような短くて覚えやすいネーミングがポイントです。また、名前がオリジナルのものかということや、ネット上での見え方も確認しておきます。

ShopifyでECショップを作成

いよいよShopify でECショップを作成します。Shopifyは世界170か国で利用されているECプラットフォームで、世界シェアナンバー1を誇ります。

Shopify(ショッピファイ)のネットショップ!公式サイトはこちら

Shopify上でドロップシッピングを行えるサービスとの連携やアプリをダウンロード

「Printful」や「Canvath」といったドロップシッピングに対応したサービスとの連携や、アプリ「Oberlo」のダウンロードを行います。ドロップシッピングが可能となり、ECサイト管理者は在庫を持たずに商品の販売が可能です。

オリジナル商品を作成し、ショップに商品を追加

オリジナルデザインの商品を作成し、開設したECサイトに商品を追加します。在庫を管理する心配がないので、商品の在庫数は好きな数を登録できます。

ShopifyとSNSの連携

Shopify とSNSを連携します。Facebookを連携すると、Instagramでも同時に広告を配信できます。

Shopify(ショッピファイ)のネットショップ!公式サイトはこちら

Shopifyで連携できるオリジナルグッズ制作サービス

ドロップシッピングを利用すると、オリジナルグッズのデザインをするだけで簡単に自社ブランド品の販売を開始できるので、ECサイト運営におすすめです。また、さまざまな種類の商品を作れるサービスもあります。ここでは、PrintfulやCanvathといったShopifyと連携できるオリジナルグッズ制作サービスを紹介します。

Printful

Printfulは、さまざまな商品をドロップシッピングで販売できるサービスです。オリジナルデザインのTシャツをはじめとするアパレル商品や、グラスやマグカップなどの食器、クッションやポスターといったインテリアなど、商品の種類が豊富に揃います。

また、国内外に工場があるため、世界各国への配送が早く、越境ECを考えている方にもおすすめです。さらに、刺繍商品の制作も行える点は注目ポイントです。デザイン作成ツールで、簡単にデザインできるうえ、刺繍糸も豊富なカラーから選択できます。

Canvath

Canvathは、GMOペパボ株式会社が運営しており、3万以上のショップが利用している無在庫販売サービスです。スマホケースやTシャツ、マグカップといった商品を取り扱っています。イラストや写真を使ったデザインの商品は、1個から作成可能です。

商品が売れると、Canvathが発送を行い、ショップには販売価格とグッズ制作費の差額が支払われます。

まとめ

Shopify はドロップシッピングに対応しているため、在庫を持たずにECサイトを運営できます。在庫管理の手間や、梱包など発送作業の必要がないため、ECサイト管理者は、販売だけに集中できるのがメリットです。Printfulなどのドロップシッピングサービスと提携すれば、誰でも簡単にオリジナル商品の販売を行えます。低リスクでネット販売を運営できるので、ECショップ開設を考えているなら、ぜひおすすめの方法です。

Shopify(ショッピファイ)のネットショップ!公式サイトはこちら